借地借家法とは

日本にも数多くの法律が存在していますが、日本の法律の特徴というのは、曖昧なものが多いことが挙げられます。他にも決まり事があっても刑罰が定められていない場合などもあるのです。しかも文章がやたらと長くて、意味の分からないような難しい文章を使っていることが殆どだと言えるでしょう。そんな数多く存在している法律の中には、借地借家法というのが存在しています。名前の通りに借地や借家などに関する法律になっているのですが、この法律は以前に改正されているのです。

このような法律の改正は比較的頻繁に行われており、より細かく分類されてしまうことが多いと言えるでしょう。借地借家法もその1つで、以前の旧法律では1つにまとめられていました。平成4年にこの法律が施行されてから、ずっと1つにまとめられていたのが、今度は3つに分類されることになったのです。もちろん旧法律の借地借家法が全く適用されなくなったというわけではありません。旧法律の他にも、さらに新しい種類が2つ付け加えられたのです。

旧法律である旧借地権もそのまま適用されているのですが、普通借地権という種類と、定期借地権が新しく誕生し、異なった存続期間が定められました。存続期間というのは、契約が切れるまでの機関ということになります。難しい法律なので、一般の人では理解するのが難しい点もあるでしょう。当サイトでは借地借家法の旧法律と新しくできた法律の違いや特徴について見ていくので、興味のある人は参考にしてもらえればと思います。